ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

ダイエット理論

一週間で○キロ痩せた!←水分が抜けただけでした

投稿日:

一週間または数日で数キロ落ちた!という報告をSNS等で見る機会も少なくありません。

しかし皆さんが落としたいのは体脂肪ですよね。体重が短期間で落ちるのはほとんどの場合(便秘が解消されたなどの例外は除く)水分が抜けただけです。

そして通常の食事に戻すと水分は元に戻るので体重も元に戻ります。これはダイエットとは言えませんよね。

では何故このような現象が起きるのか簡単に解説したいと思います。

体内に存在するグリコーゲンが減る

グリコーゲンとは糖原とも呼ばれ平たく説明すると体の中に貯蔵されているエネルギー源の一つです。

グリコーゲンは筋肉や肝臓に貯蔵され必要な際に効率的にエネルギー源となるものです。

炭水化物に含まれる糖質が無ければ必然的に体内のグリコーゲンの量は減っていきますがグリコーゲンは一つの分子に対して4倍の水が結合して存在しています。

つまり糖質を抜いていれば体内のグリコーゲンの量が減る→体内の水分も比例して減る→体重が減るという現象が起こります。

例えば極端な糖質制限や絶食等を行うと一時的に体重は数キロ落ちますが、以上の理由により減っているのは体脂肪では無く水分であることが言えます。

体重が減った後に元の食事に戻せばグリコーゲンの量も元に戻りますから体重も元の体重に戻ります。

体脂肪は少しづつしか落ちない

短期間に極端なカロリー制限を行っても体脂肪は急激に落ちてはくれません。

落ちるのは水分と大事な筋肉です。エネルギーが足りていない飢餓状態が続くと筋肉を分解しエネルギーに回します。

この現象を糖新生と呼びますがダイエットはなるべく筋肉を落とさずに実行しないと結果的に代謝が悪い太りやすい体になってしまいます。

体脂肪は一週間あたり体重の1%程度しか落ちないのでもっと長い目で見てダイエットを行わないとデメリットでしかありません。

具体的な減量ペースは以下の記事でまとめています。

体重を減らしていく理想的なペースとは?急激な減量がNGな理由

ダイエットを始める前に短期間で痩せたいと多くの人は望みますが体重を減らしていくペースにはある程度の適正値があります。 それから逸脱し短期間で極端な減量をしてしまうと結果的にダイエットが失敗に終わってし ...

続きを見る

まとめ:短期間の極端なダイエットはデメリットしかない

結局、短期間で体脂肪は落ちないという話でした。

体重だけでなく体脂肪や筋肉にも注意を払い健康的に痩せることが本来のダイエットと言えるのではないでしょうか。

ですので極端なことは避け中長期的な計画を立ててダイエットを行いましょう。

 

-ダイエット理論

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved.