ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

野菜

簡単に痩せられる?キャベツダイエットの方法とは

投稿日:

皆さんはキャベツダイエットをご存知でしょうか?

元々キャベツダイエットは肥満外来の吉田俊秀医師が推奨するダイエット方法ですがTV番組ビューティコロシアムで浜田ブリトニーさんが実践し一ヶ月で6.8kg痩せたことで話題となりました。

その他の芸能人も星野源さん・上戸彩さん・スザンヌさんがキャベツダイエットを取り入れ減量に成功しています。

今回はそんなキャベツがダイエットに有効な理由や方法について紹介します。

キャベツダイエットの方法

キャベツダイエットは非常にシンプルで簡単なダイエット方法ですがポイントとなる箇所をまとめました。

1.ざく切り生キャベツを毎食前に100g~200g摂る

キャベツダイエットの方法は至って簡単で毎食前に100g~200gのキャベツを食べるだけ。加熱する必要はありません

生のまま食べることによって咀嚼回数が多くなり満腹中枢を刺激できます。

キャベツは1玉(中玉)で約一キロもありますがカロリーは235kcalだけしかありません。100gで23kcalなので非常に低カロリーな野菜です。

最初は100gから始めてそれでも満腹感が得られないようであれば徐々に増やしていけばいいと思います。

2.キャベツは細かく切り過ぎないように注意する

前項とも重複しますが咀嚼回数を多くするためにキャベツは適度な太さや大きさにするようにします。

定食の付け合せのように細かく切る必要はありません要は適当でOKです。

3.味付けはノンオイルドレッシング

味付け無しで食べれる方はそのままでもいいですがドレッシングをかけたい場合はノンオイルのものにしましょう。

またノンオイルでもカロリーの幅が結構あるのでカロリーカットを徹底したい場合は成分表を確認し低カロリーなものを選びます。

4.酢キャベツにすると更にダイエット効果が高まる

酢キャベツにすることで以下のことが期待出来ます。

  • 便秘解消
  • むくみ改善
  • 血流が良くなり代謝が上がる
  • 内臓脂肪が低下

酢の大手メーカーミツカンの臨床実験では酢を継続的に飲むことで内臓脂肪や体重減少等が認められたとのこと。

酢の量は好みにもよりますがキャベツのグラム数の半分程度を目安にし調節するといいと思います。例えばキャベツ100gであれば酢50mlといった感じですね。

キャベツダイエットの根拠

何故キャベツがダイエットに有効なのか説明します。

食前に食べることで主食を減らせる

前述したようにキャベツはグラム数の割にカロリーが少なく、また食べ応えもあるため満腹中枢を刺激します。

それによって主食(主に炭水化物)の食欲を抑制し食べすぎを減らすことに繋がります。これが一番大きなポイントです。

なので例えばキャベツだけ食べてその後の主食も今まで通り食べていたら恐らく大きな効果は望めないでしょう。

食物繊維による効果

食物繊維を先に食べ始めると主食の炭水化物を食べた際、血糖値の上昇を抑える効果があります。

血糖値を抑えることによって肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌が抑えれられ結果的に体内に脂肪が溜まり辛くなります。

またそれだけでなく食物繊維は「インクレチン」と呼ばれる消化管ホルモンの分泌が増え食欲を抑えられる効果もあるとされてます。

まとめ

シンプルなダイエット法であるキャベツダイエットは簡単でコストもかからず挑戦しやすいことが魅力的です。

しかしあくまでキャベツを最初に食べることによって主食を減らすことがポイントとなります。

キャベツそのものに大きなダイエット効果はありませんので食欲をコントロールする補助的な食品としてうまく活用することがキャベツダイエット成功の秘訣と言えるのではないでしょうか。

 

-野菜

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved.