ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

ダイエット理論

ダイエット中でも好きなもの食べていいチートデイとは?

投稿日:

ボディビルダーやフィジークなどのボディメイクの競技に取り組んでいる人は減量中でも食べる量を意図的に増やす日であるチートデイを取り入れている人も少なくありません。

そこで今回はチートデイとは何か?どのような効果が期待出来るかなどを解説したいと思います。

チートデイとは?

チートデイの本来の目的

チートデイ(cheat day)を日本語に直訳すると騙す日となりますが何を騙すのかというと自分の体、脳を騙すという意味になります。

何故騙す必要があるのかと言うとダイエット中でアンダーカロリーの日々を続けている場合、脳が飢餓状態と判断し代謝が落ちることがあります。

この働きをホメオスタシス(恒常性)と呼び食事制限をしていていも代謝が落ちているためダイエット中の停滞期の主な原因となります。

チートデイはこの停滞期を打破するために意図的にオーバーカロリーの食事をする日を設け栄養をたっぷりと体に送り込み脳飢餓状態では無いと騙し代謝を上げることが目的とされています。

精神衛生上のメリットも

食事制限を続けていると好きなものが食べられない日が続きストレスが溜まる人もいると思います。

これを解消するために定期的に好きなものを食べて良い日を決めているいる人もいます。

チートデイで停滞期は解消出来るのか?

チートデイを入れることで一時的に代謝は上がるものの、それがずっと継続する訳ではなく通常の食事制限に戻るとまた代謝が下がることがわかっています。

もっと言うと通常のダイエットとチートデイを入れるダイエットでチートデイの方が優れていたという研究結果は今のところありません。

だからこそボディメイクを競技として取り組んでいる人でもチートデイを入れる人と全く入れない人で分かれているのだと思います。

チートデイが明確に減量に効果があるのであれば全員のボディビルダーが取り入れている筈ですよね。現実的にはそうではないです。

チートデイは意味ないのか?

結論から言ってしまうとチートデイを取り入れる有無に関わらず減量の効果は変わらないと思います。

但しチートデイの本来の意味からは外れますが以下のような効果は期待出来ます。

ダイエットが楽しく継続できる

ダイエットの成功の可否は継続できるかが非常に重要だと思います。

食事制限の日々が辛いのであれば一日好きな日を設けることは有意義なことです。

そのような報酬があれば「あともう少しだから頑張れる」というモチベーションにもなりますので、このようなチートデイの使い方はダイエットを楽しく継続する手段の一つとしてアリだと思います。

また頻度にもよりますが一日オーバーカロリーしたところで急に体脂肪が付くことはありません。体重が増えたとしても体脂肪では無く水分がほとんどです。

筋トレの強度が上がる

筋トレをしている人は減量中でも筋肉はなるべく減らないようにするためにトレーニング強度をなるべく落としたくないと思います。

減量中は筋グリコーゲン(筋肉のガソリン)が減少するのでどうしても重量を扱えなくなる傾向があると思いますがチートデイによってトレーニング強度を保つことが期待できます。

チートデイの頻度

チートデイの頻度はこうしなくてはいけないという決まりはありません。

しかし大体頻度が多い人で週に一回、少ない人で二週間に一回程度としているケースが多いようです。

また倦怠感を感じたりしている場合はそのタイミングで適宜チートデイを入れる場合もあります。

チートデイに何を食べるか

これも明確な基準はありません。

個人によって様々です。何カロリー摂取しなくてはいけないという決まりもありません。

ですので個人的には好きなものを満たされるまで食べていいのではと思います。

あえて言えば積極的に摂るべきなのは炭水化物です。

何故ならタンパク質や脂質よりも炭水化物(糖質)を摂取した方がレプチンと呼ばれるホルモンの分泌量が増加するためです。

レプチンは食欲を抑えたり代謝を高める効果があるホルモンなので炭水化物を意識して摂取することによってレプチン分泌量の増加を促します。

また前述したように筋トレしている人は炭水化物を取ることによってトレーニング強度の向上も期待できます。

チートデイの注意点

痩せる前からやる必要はない

繰り返しになりますがチートデイはダイエットに必ず必要なものではありません。

基本的に停滞期や倦怠感を感じた時に取り入れる人は取り入れるといった感じのものです。

正しい食事制限を行っていれば減量初期は順調に体重が減って行きますから、その最中にあえてチートデイを入れる必要は無いと思います。

意思が弱い人は逆にやらない方がいいかも

我慢していたものをチートデイによって解放してその日限りで終わればいいですが、それがトリガーとなって逆に食に対する欲求が上がりストレスとなってしまうことも考えられます。

お酒やタバコを辞めていても一度また始めてしまうとまた習慣化してしまうというケースは非常に多いですよね。

チートデイもそれと一緒で逆効果となってしまうことも人によってはあると思いますので思い当たる方は注意して下さい。

糖質制限をしている人はやらない方がいいかも

これは個人的見解です。糖質制限を行っている人は当たり前ですが低血糖状態になっていますが、そこで大量の糖質が体内に入れば通常の食事生活を送っている人より血糖値の急上昇が起こりやすいです。

血糖値の急上昇は脳卒中や心筋梗塞など心臓血管系のリスクが上がりますので極端な糖質制限を行っている人がチートデイを行うのは注意が必要だと思います。

チートデイの結論

チートデイは少し曖昧な部分がありますので捉え方が難しいかと思いますが結論としては、入れても入れなくてもダイエットに大きな違いはもたらしません。

但し精神面のメリットや筋トレ上のメリットはありますので、停滞期や倦怠感を感じたらチートデイを入れてみてもいいかもしれません。

 

-ダイエット理論

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.