ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

ダイエット理論

ダイエット検定の勉強時間・対策・過去問について

投稿日:

2019年3月に行われたダイエット検定を受けてきました。

まだ合否はわからないのですが記憶が新しいうちに、どんな問題が出たかなどを記しておきたいと思います。

ダイエット検定とは?

まずはダイエット検定の概要について簡単に紹介します。

  • 日本ダイエット健康協会(JDHA)がダイエットの正しい知識を広める趣旨で行っている検定試験(民間資格)
  • 毎年3月、7月、11月に開催
  • 1級と2級があり2級に合格していなければ1級は取得できない(但し併願受験は可能)
  • 検定料金は2級6000円(税別)、1級7000円(税別)
  • 合格基準は80%以上、合格率は70~80%

公式サイト:http://diet-kyoukai.com/about_kentei/

ダイエット検定の難易度

ダイエット検定の問題は1級2級とも全てテキストの範囲から出題されます。

そして両方ともそこまで難しい内容ではありません

ですのでテキストの内容をしっかり理解・暗記すれば基本的には大丈夫で、もちろん今ダイエットに関する知識が全く無い方でも問題無いと思います。

あれですね運転免許の試験と似たような印象を持ちました(個人的感想です)

ダイエット検定の勉強法・勉強時間

まずはテキストの内容そして巻末の模擬試験は完璧にしておきましょう。

模擬試験を完璧にしておけばそれだけで6割前後はとれると思います。模擬試験の問題がそのまま、または少しひねって出題されている問題が多いからです。

また計算が必要な問題は必ず出きるようにしておきましょう。全て出題される訳では無かったですがほぼ出ると思っておいて必ず解けるようにしておいた方がいいですね。

例:目標心拍数、BMI、カロリーの計算

 

勉強時間については元々どれくらい知識があるかによってかなり左右されますので一概に言えないですが例え知識0から勉強したとしても2級は10時間くらい、1級は20時間くらいあれば大丈夫な気がします。

つまり時間がとれれば10日程度前から勉強しても十分間に合うと思います。

公式サイトからテキストを買う必要があるか

公式サイトからテキストを購入すると過去問が配布されます。

で、私の購入前の想像ですともっとボリュームがあるものを想定していたのですが何とたったの10問しかない...

しかも公式テキストの模擬試験の内容と重複しているものも大分あり、ぶっちゃけ高いお金払って公式サイトから買う必要は個人的には無かったです。

普通にアマゾンとかで買っていいと思います。

記述式の問題について

模擬試験と実際の試験と異なるのが記述式の問題が多いことです。

多分6~7問ですかね。一応、私が受験した2019年3月に出題された記述式の問題を覚えている範囲で記しておきます。

ダイエット検定2級の記述試験

  • 身長160cm体重65kgのBMIを求めよ(テキストP39参照)※身長と体重は適当です
  • 100kalのイカと100kcalのバターが体に与える影響は同じか、理由もつけて説明しなさい(テキストP61参照)
  • 糖新生とは何か説明しなさい(テキストP73参照)
  • 目標心拍数を求めよ(テキストP82)
  • カロリーコントロールの不確定要素について、3つ例をあげよ(テキストP60参照)
  • セットポイントとは何か説明せよ(テキストP71参照)

ダイエット検定1級の記述試験

  • 脂溶性と水溶性のサプリメントを摂取する際の注意点をそれぞれ説明せよ(テキストP46参照)
  • 低GI値食が有効なケースと、高GI値食が有効なケースを一つずつ上げよ(テキストP66、67参照)
  • ビタミンAの過剰症を4つ上げよ(テキストP46参照)
  • 運動のダイエットに直接する主な効果を4つ上げよ(テキストP86参照)
  • カロリーの計算(タンパク質と炭水化物が4kal、脂質が9kcalとわかっていれば解ける問題)
  • EXとカロリーの計算(模擬試験問38の数字だけ変えた問題=テキストP87参照)

ダイエット検定の本そのものの感想は?

肝心(?)のダイエット検定の本の内容について触れたいと思います。

検定を受ける予定・興味が無くてもこの二冊は初めてダイエット本を読む方にとっては良い内容だと思います。(特に2級)

正しいダイエット知識を普及させるという協会に理念に沿った内容だと思います。でも一冊2000円は高すぎるかな

二冊が一冊にまとまっていて2000円だったらオススメできるのですがこのボリュームでこの値段はちょっとって正直思っちゃいました。

私は元々ダイエット本は10冊以上は読んだことがあり海外の論文などにも目を通すくらいなので私のような既に何冊もダイエット本を読んだことがある・もしくはネット等で情報収集をしている方にとっては物足りない内容ではあると思います。

それでも知らないことはいくつかありましたし具体的な数字(例えば筋グリコーゲンの貯蔵量など)などは試験を受けないと覚えないでしょうからそういった面は良かったです。

試験当日の注意事項

私は東京農大で受験したのですが会場に時計がありませんでした。

試験自体は時間が足らなくなることは無いと思いますが見直しをしたい方や余裕を持ちたい方は時計を持っていくことをオススメします。(スマホでの時間確認は認められません)

一応試験終了5分前にアナウンスはありました。

あと筆記用具についてはシャーペンor鉛筆と消しゴムになります。ボールペンは使用しません。

まとめ:ダイエット検定を受けてみて

ダイエット検定を受けてみた全体の感想は以下の通りです。

  • 検定試験はテキストの模擬試験と内容を暗記すればOK
  • テキストの内容は王道で初心者には良い
  • テキストの内容を理解すればダイエットの基本的な知識はつく
  • テキストのボリュームには少し不満(値段も高い)

以上、これからダイエット検定を受けてみようと思っている方に参考になれば幸いです。

 

-ダイエット理論

Copyright© 食して痩せる , 2019 All Rights Reserved.