ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

ダイエット理論

世の中で最も太りやすい食べ物ベスト3が判明

投稿日:

ハンバーガーのようなジャンクフードは知識が無い人でも太りやすいイメージを持っている人が多いと思います。

そこで世の中で最も太りやすい食べ物は実際に何かをシンガポール国立大学が研究を行い調べました。

内容としてはイギリスに住む7~13歳の子ども4,646人を対象に太りやすい食べ物は何かについて分析し結果を発表しました。

一番太りやすい食べ物はやっぱり皆が好きなあのお菓子

第一位はポテトチップスでした。

数ある食べ物から選ばれた理由としてはカロリーの割に満腹感が少なく過食しやすいこと、油が大量に使われているため食欲を増すこと、手に入りやすく人気んsことなどが挙げられます。

ちなみに第二位はフライドポテト第三位は加工肉(ベーコンやソーセージなど)でした。

またイギリスではなくアメリカでも同様の研究(大人も含む)を行ったところ順位は同じだったようです。

他の候補としては

  • マーガリンとバター
  • 揚げ物かソテーした鶏肉と魚
  • お菓子
  • 牛乳
  • 砂糖入り清涼飲料水

がありましたが中でも太りやすいのは上記のようになりました。

この結果から読み取れる太る食べ物の共通点とは?

第一位はポテトチップという結果になりましたが、この結果はポテトチップスだけでなく油で揚げてあるスナック菓子にも共通していることだと思います。

ポテトチップスが一番食べられていて人気という側面から一位になっているのだと思います。

つまり日本で売られている油で揚げてあるスナック菓子も太りやすいことは間違いない事実でダイエット中でなくても出来れば避けたい食品です。

逆に言えばダイエット中であればスナック菓子を食べる習慣がある人はスナック菓子をやめるだけで痩せる期待ができます。

また太る食べ物は以下のような特徴があります。

  • カロリーの密度が高い→満腹感が得られず過食になりやすい
  • 油で揚げられている→食欲の増進
  • 不必要な糖質などが加工されている→中毒性がある

言い方を換えればこれらは全て加工食品ですよね。加工食品はメーカーが中毒性があるような加工をしている場合があるので食べることが習慣化されやすいです。

そしてほとんどの場合ハイカロリーのため一日のカロリーもオーバーになってしまう一因になります。

これらの特徴を持つ食品を恒常的に摂ってるとやはり太りやすい食生活になることは明白です。

絶対に食べるなとは言いませんが嗜好品として程ほどに嗜む程度が良いと思います。

 

-ダイエット理論

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved.