ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

野菜

きのこの中でも舞茸が特にダイエットに向いている理由

投稿日:

きのこは低カロリーで食物繊維を豊富に含むことから良くダイエット向け食材として紹介されます。

その中でも特に舞茸は他のきのこに無いダイエット効果がある成分を含むことが神戸薬科大学の難波教授の研究によって判明し、それから度々テレビ等でもそのダイエット効果について特集されています。

ということで今回は舞茸のダイエット効果や方法についてまとめました。

舞茸のダイエット効果

低カロリー

舞茸の90%以上は水分なので食事に加えることによってカロリーカットが出来ます。

ちなみに舞茸のカロリーは100gあたりで16kcalしかありませんので食事量のかさ増しにも適しています。

舞茸に含まれるMXフラクション

キノコ類の中でも舞茸だけが持つダイエット成分があります。

それがMXフラクションと呼ばれる成分で脂肪燃焼効果や腸の働きを活発にし排泄能力を高めるというもの。

更にMXフラクションは高血圧、高脂血症、血糖値の正常化など生活習慣病の改善にも効果があるとのこと。

但しMXフラクションは普通に加熱調理しただけではその成分が得られないという説もあります。例えば30分以上100℃程度で煮込み良く溶出された舞茸茶などで一番効果があるようです。

豊富な食物繊維を含む

これはキノコ類全般にも言えることですが食物繊維を豊富に含みます。

食物繊維は整腸作用があり排泄を促すことや糖の吸収を緩やかにする効果がありますのでダイエットには非常に重要な栄養素となります。

ビタミンB1を含む

舞茸は豊富なビタミンB1を含みます。

ビタミンB1には糖を効率的にエネルギーに変える働きを持ちますので主食の炭水化物の糖が脂肪に蓄積されることを予防してくれる効果が期待できます。

舞茸ダイエットの方法

舞茸ダイエットの方法は至ってシンプルで普段の食事に一日50gから200g程度の舞茸を加えるだけ。

食事制限をしたり舞茸だけを食べる方法では無いので注意して下さい。

以下にポイントや注意点を書いていきます。

量は一日50g程度から始める

何故一日50gくらいから始めると言うと、口コミ等でも報告があったのですがいきなり摂取量を増やすと下痢になってしまう方が中にはいるそうなので最初は一日50g程度から始めて体に合うようであれば徐々に食べる量を増やしていくといいと思います。

最大だと200g程度食べるとよりダイエット効果を感じられるかもしれません。

必ず加熱する

キノコ類は加熱しないと食中毒の危険性があるので必ず加熱するようにしましょう。但し加熱のしすぎも有効成分が働かなくなる恐れがあるので焦がすような長時間の加熱はしないようにしましょう。

加熱の方法はフライパンで炒める、鍋等で煮詰めるなど何でもいいですが煮汁に前述したMXフラクションが含まれますので煮汁は捨てずに一緒に摂るようにしましょう。

舞茸を使ったレシピは?

舞茸のダイエット効果を生かすレシピの一例として

  • みそ汁
  • 炊き込みご飯
  • 鮭と舞茸のホイール焼き
  • 舞茸ハンバーグ

以上のようなレシピが考えられますが要は舞茸の有効成分を損なわないように調理する方が理想ではあります。

まとめ

世の中には色々なダイエットに適した食材がありますが舞茸もその中の一つです。

但しあくまで普段の食事にプラスするという方法なので効果には個人差があると思われます。

特にお通じが悪い方にはオススメですがそうでない方は舞茸を食べるだけでは大きな効果は望めないかと思いますので有酸素運動をプラスして行うなど工夫する必要があるかもしれません。

-野菜

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.