ダイエット効果がある食品を紹介しています

食して痩せる

ダイエット理論

ダイエット効果がある料理を食べる順番とは

投稿日:

料理を食べる際にその順番を変えるだけでダイエット効果があります。

これは食べ順ダイエットとも呼ばれ極端な食事制限を行うこと無く痩せる効果があることからストレスが少ない食事療法です。

今回は食べる順番を変えるだけで何故ダイエット効果があるのか、また食べ順ダイエットの基本ルールを紹介したいと思います。

食べ順ダイエットで痩せる理由

食べ順ダイエットで痩せる理由や目的は主に以下の二点です。

満腹感を得られやすい

最初に水分や食物繊維を食べることによって満腹中枢を刺激し主食の過食を防ぎます。

特に租借回数を意識して多くすることによって効果が高くなります。

血糖値の上昇が緩やかになる

最初に食物繊維を摂ることによって血糖値の急上昇を抑えます。

血糖値が急激に上がるとインスリンと呼ばれるホルモンが分泌されますがインスリンは余った糖質を体脂肪へ蓄積します。

肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌を抑えることがダイエットの鍵の一つとなりますので食べ順ダイエットでは糖質を含むものを最後に食べるようにします。

食べ順ダイエットの方法

基本は一品づつ完食する

食順ダイエットの基本は一品づつ完食することです。

一品づつ完食が難しいのであれば最初に野菜や汁物から食べるだけでも効果はあります。

それでは具体的な手順を紹介していきます。

1.野菜や汁物から食べる

特に食物繊維を多く含む野菜、特にきのこ類やごぼう、切り干し大根などがオススメです。

また汁物があれば汁物から食べて満腹感を得るようにします。

注意点として葉物以外の野菜は糖質を含みますのでそのような野菜(イモ類など)は避けるようにします。

お味噌汁の具でも糖質を含むものは入れないようにしましょう。

2.肉や魚などのタンパク質を摂る

次に肉や魚などおかずとなるものを食べます。

おかずはごはんなどの主食と食べたい気持ちもわかりますが出来ればこの際もおかずのみを完食した方がベターです。

3.最後に主食(炭水化物)を食べる

ご飯などの糖質を含む主食は最後に食べます。

最後に食べる理由は血糖値の急上昇を防ぐためと、三大栄養素の中で一番太りやすい糖質をなるべく抑える目的があります。

まとめ

食べる順番を変えるだけで痩せ効果がある食べ順ダイエット。

ストレスの少ないダイエット法ですがネットの口コミを見てみると大きな効果があった人も多いです。

繰り返しになりますが厳密に一品づつ完食できなくても先に野菜や水分を摂ることを意識するだけでも効果は望めます。

自分の出来る範囲で実践してみましょう。

なお言及するまでも無いかもしれませんが丼ものやパスタなどの単品料理は食べ順ダイエットが出来ない料理になりますのでご注意下さい。

-ダイエット理論

Copyright© 食して痩せる , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.